Home > 2010年07月25日

2010年07月25日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

やっぱり親父は大きな存在なのかもしれない

  • Posted by: たろう
  • 2010-07-25 Sun 18:01:46
  • GID
病んでないよ、と言いつつ実は病んでるのかもしれませんたろうです。もう何も手につかない…。

きっかけは、ネットサーフィンしてて見つけた世界最大級の動画サイトで発見したGID特例法制定までの道のりの特集。

http://www.youtube.com/watch?v=VCxyuggnpJE&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=CIR4lfiotzU&feature=related

なんだろうね。わからないけど、泣きそうになった。最近自分弱い。やだな。
でね、いつかの時みたいに親父に会いたくなった。でも会いに行けないから、電話してみた。繋がった。嬉しかった。
「特に何もないんだけどさー」って言って話してて、泣きそうになってた。素面の親父はこんなに大きい存在だったんだ。

僕の親父はおそらくアル中で、特に僕が中学進学してから飲酒量が悪化して、別に暴力振るったり物投げたりするわけじゃないんだけど、酒に溺れてる親父を見るのが嫌で、その状態の親父を親父と認めたくなくて、自分から距離を置くようになった。それから、親父のこと意識的に避けるようになった。
元々メンタルも酒も弱い人なんだけど、僕がGIDであることを告白してから余計酒に逃げるようになって、僕はそれを申し訳なく思う反面、逃げられたことにムカついたりもして、結局自宅を離れることも理由に、今の大学に進学した。
もう二度と帰るものか、と思ってる。もう地元には、いや、実家には帰りたくない。就職もこっちでしたい。もう地元には住まない。僕はそれくらい親父が嫌いになってる。
でも、そんな酒に呑まれてる親父も認めなきゃいけないいじゃないかと思うようになった。なんでかわからないけど。こっちに来てから、親父に対する感情が変わりつつある。なんでかわからないけど。
そして、自分が弱っているときに親父の顔が一番に浮かんでくるようになった。会いたいと思うようになった。特に何かをしてもらったことがあるわけでもないのにね。親父の存在が自分の中で大きいことに気づく今日この頃です。
で、電話の最後に「忙しいかもしれないけど、体無理すんなよ。帰ってくるの待ってるぞ」って言われた。なんで今日に限ってそんなこと言うのかな。泣いちゃうじゃん。

なんだろうね、わからないけど。テストもバイトもないなら今すぐ帰りたい。親父に会いたい。ずるいよ、親父。こんなときだけ存在感大きいなんて。俺と面と向かってるときにもそれくらい大きい存在でいてよ。
こんなこと言ってる俺も弱い人間です。
病んでるね、確実に。


ランキング参加中。クリックお願いします↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

Index of all entries

Home > 2010年07月25日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。