Home > 2016年02月03日

2016年02月03日 Archive

入院してたの

  • Posted by: たろう
  • 2016-02-03 Wed 18:00:00
  • 日記
こんばんは毎度ご無沙汰しておりますたろうです。
先月末まで、肩の脱臼の手術とリハビリで入院していました。そんで今は自宅療養でリハビリ通いの日々です。お仕事はお休み中ですが、来月に復帰します。

計6週間入院していたのですが、入院中に1度注射を打たなくてはならなかったので入院説明時に「GID云々で…」と伝え、かかりつけ医で紹介状を書いてもらい、入院中に打ってもらいました。
注射の件でGIDだということをちょろっとお話しただけだったのですが、入院初日には「大部屋や入浴の案内は男性の扱いで構わないか?」と確認していただいたり、ホル注は清拭でカーテンを引いた時に一緒に済ませてくれたり(まわりがご高齢の患者さんばかりで、薬の話や病気の話は容赦なく突っ込まれるので、これはとても助かりました)、とても丁寧な配慮をしていただきました。おかげさまでGIDなことでは不便や困り事はなく入院生活を過ごしました。
入院前の問診で「全身麻酔はされたことがありますか?」と聞かれて「ないです。…あれ、そういえば内摘は全麻だったのかしら…あれ違うかしら…」と曖昧な記憶でお返事をしました。すみませんすみません。内摘といえば以前親しくしているお仲間に「内摘は全麻でしたかー?」と聞かれて同様の返事をしました。現在のたろうちゃん、GID的な記憶にはかなり薄情です。

「6週間も入院するの?退屈で死ぬよ。」的なことを職場の先輩に言われたのでそれなりに対策をして入院しました。が、持参した本はすぐに読み終えてしまい、売店で買ったナンプレも限界まで解いてしまい、iPadがなければ本当に死んでいたかもしれません。電子書籍のありがたみをひしひしと感じました。「入院してたらお金使わなくていいじゃーん!貯金増えるじゃーん!」と思ってたのですが、甘かった!iPadの通信制限解除代+電子書籍の購入代が結構な額になったので今月の請求が怖いです。加えて入院代も思ったよりあれだったので、冬のボーナスはあっという間に吹っ飛びました。早く保険下りないかなー。

6週間の入院でわかったことがあります。それは「物がなくても生活できる」ということです。ってことで退院してから断捨離始めました。増えていくゴミ袋を目の前にして「ああ、こんなにゴミに囲まれて生活していたのか…。」とショックを隠せないわけですが、感傷に浸る間も惜しいのでどんどん断捨離を進めています。どうせあと3回は引越をするんだし物は少ないほうがいいわな、ってことで。家族も増えるかもしれないし←
あとね、酒は毎晩飲まなくてもいいなと思いました。週の半分が休肝日でもいいかな、と。あの酒乱のたろうちゃんが!毎晩飲んでたたろうちゃんが!週の半分は休肝日でいいだって!?これは一大事!!…というほどのことでもないですが、飲酒の習慣を見直そうと思います。80歳まで生きたいので。

まぁそんな感じで肩以外が元気なので後ろめたい気持ちで部屋に引きこもってあと1ヶ月過ごします。

Index of all entries

Home > 2016年02月03日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Return to page top