Home > 本/CD/DVD/映画 > 『きみの背中で、僕は溺れる』読了

『きみの背中で、僕は溺れる』読了

きみの背中で、僕は溺れる (MF文庫ダ・ヴィンチ)きみの背中で、僕は溺れる (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2008/10)
沢木 まひろ

商品詳細を見る


ずっと読みたかった本です。昨日とある本屋の古書コーナーで発見してつい買ってきてしまいました。
ざっくり言うとゲイの恋愛小説ですが、セクシュアリティにはあまり焦点は置かれていないような小説です。普通の恋愛小説です。ちょっとスリリングな場面もあり、読みごたえはばっちり。キュンキュンしますよ、マジで。
自分自身でもわからないのですが、僕はゲイの恋愛がとても美しいと思っています。これを読んで更に素敵だと思いました。表紙から衝撃を受けるかもしれませんが、性的描写もあまりない(そしてあまり重くない)ので、そういうのが苦手な人でも読めるのではないかと…。そしてゲイに偏見のある人がいたら読んでみてください。

この著者さんはあと2冊同じ出版社から小説を出しているので古本でゲットして読もうと思います。


ランキング参加中。クリックお願いします↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments: 4

きなこ URL 2011-09-08 Thu 00:00:51

私は最近稜平さんの
「女から男になりました」を
読み終わりました!
もう感動やら
考えさせられたやらで
涙ぼろっぼろです!

その本気になります!

たろう URL 2011-09-08 Thu 01:04:56

>きなこさん
僕はそれまだ読んでいないです~。
是非機会があれば読んでみようと思います。

この本はライトノベルなので、ゲイの核心(恋愛付きまとう困難さ)は突いていないようです。
そういう点で、読みやすいのかもしれません。本当に「きれいな恋愛小説」という印象です。

河岸チカ URL 2012-04-05 Thu 23:18:40

恋愛好きが手に取るように分かりますね。

しかしねぇ、恋愛の放浪者、沢木さんなんて
書かれちゃうって、沢木さんも面白い人みたいですね。
http://www.birthday-energy.co.jp
何らかの社会との接点がないと、生きながらえない・・・。
色恋ものは生き生きしちゃうらしいです。

沢木まひろさん、日本ラブストーリー大賞受賞作が、
『最後の恋をあなたと』に改題されて、新作として出たみたいですよ。
つぎも色恋もの、期待しちゃいます。

たろう URL 2012-04-17 Tue 20:55:11

>河岸チカさん

コメントありがとうございます。
お返事遅くなって申し訳ないです。

>恋愛好きが手に取るように分かりますね
とは、僕のこと…ではないですよね。笑

新作出たんですね!
機会があればまた読みたいと思います。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ftmtarou.blog14.fc2.com/tb.php/362-8807576a
Listed below are links to weblogs that reference
『きみの背中で、僕は溺れる』読了 from ftmたろう せんせー道邁進中(タイトル仮)

Home > 本/CD/DVD/映画 > 『きみの背中で、僕は溺れる』読了

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Return to page top