Home > スポンサー広告 > CUBにスマホホルダーをマウント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

アラタ URL 2012-05-22 Tue 23:39:15

ホースwww
以前他の工作www

コホンッ!
いやいや、たろうさんの工作はいつも手が込んでて感心します

ひとつ心配なのは、スマホがバイクの振動でヤられないかという点
精密機器ですからねぇ
長時間エンジンの微細振動に曝されると寿命が縮まりそうな気がする
まあ、この前のような長旅はそうそう無いでしょうけど…
どうなんでしょう?
ゴムホースが吸収してくれるのかしら?

たろう URL 2012-05-24 Thu 15:11:30

>アラタさん
シーッ!笑

振動でやられちゃう…全然気にしてなかったっす。
ホルダーは元々チャリ用ですが…バイクとなると振動は比じゃないですよね。
ホルダーの中にも一応衝撃を吸収するゴムクッションは入っているんですけど…。
なんか心配になってきた;;笑
ホースが活躍してくれると信じています。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ftmtarou.blog14.fc2.com/tb.php/443-2f047185
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ftmたろう せんせー道邁進中(タイトル仮)

Home > スポンサー広告 > CUBにスマホホルダーをマウント

Home > 一人旅 > CUBにスマホホルダーをマウント

CUBにスマホホルダーをマウント

  • Posted by: たろう
  • 2012-05-20 Sun 22:02:07
  • 一人旅
僕の愛車:やーさん(SUPERCUB 50DX)に遂にスマホホルダーをマウント(取り付け)しました!!

大量の写真付きでお送りします故、追記に書きます。実際にマウントしたい方に見ていただけたら多少の価値があるかもしれません…。

と言うわけで興味のある方は追記からどうぞ!


ランキング参加中。クリックお願いします↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
と言うわけで、たろう流スマホホルダーのマウント方法です。
僕のスマホはdocomoのXperia acroです。

まずは材料から。
・スマホホルダー
 僕が使ったのはこれ↓
MSY  Xperia arc/acro 自転車用ケース XCrew for Xperia arc/acro  ブラック MS-XC01BKMSY Xperia arc/acro 自転車用ケース XCrew for Xperia arc/acro ブラック MS-XC01BK
(2011/07/29)
MSY

商品詳細を見る

Amazon先生で「スマホ 自転車ホルダー」と検索したら丁度いいものを見つけ、そのまま購入。値段は約\2,000でした。
・ホース繋ぎ金具(直径18mm)…\108
・ホース(内径14mm)…10cmで\14
・椅子足キャップ(内径9.5mm)×2個…1個\48
・6×80ステンレス六角ボルト…\78
・6×35ステンレス六角ボルト(4本入り)…\198
・曲板…\228
(以上、ホームセンターで購入)
・ホース(内径20mm??)…以前他の工作で使った残り

2012.5.20 1
↑左から、椅子足キャップ、内径14mmホース、ホース繋ぎ金具

次に使った工具。
・ドライバーセット(椅子足キャップに穴開けるのに使った)
・両口スパナ8×10mm…\105(100円均一)


では下ごしらえです。

①椅子足キャップの中心に穴を空ける
 6mmの六角ボルトが通るようにする穴を大きくするのが大変でした。ドライバーセットのほとんどを駆使してぐりぐりしました。
2012.5.20 2
↑6mmの穴を空けるとこんな感じ。結構でかい穴です。

②内径20mmのホースをホース繋ぎ金具の外側にはめる
スマホホルダーの取り付け可能ハンドルバー径が22.2~23.8なのですが、金具の外径がそれよりも細いのでホースをはめてスマホホルダーがきちんと安定するようにしました。
これだけ見ると格好悪いですが、ホルダーをつけてしまえば外から見えないのでおk。

③ホース繋ぎ金具に内径20mmホースと椅子足キャップをはめる
椅子足キャップが金具の両サイドをふさぐ役割なのですが、キャップの外径が金具の内径より小さいため、キャップが金具に入り込み過ぎないようにホースでつっかえを作りました。

2012.5.20 12
↑上:六角ボルト、中:金具に入れるホースと椅子足キャップ、下:②を終えた金具

2012.5.20 3
↑③を終えた金具

④六角ボルトを③に通す
③に通すだけだから難なし。
2012.5.20 5
↑ボルトの頭が飛び出てて格好悪いけどこれはあとで解消される。

⑤④に曲板を付ける
ねじ締めるだけの簡単なお仕事。きつく締めると④で気になってたボルトの頭が隠れる。
2012.5.20 6
↑屋内での作業はここまで。おんもに出ていよいよやーさんに取り付けます。

⑥やーさんに取り付け
2012.5.20 7
↑ミラーを取り付けるところに、六角ボルトで、

2012.5.20 8
こんな感じに取り付けます。

2012.5.20 9
↑前から見た図。

2012.5.20 10
↑斜め前から見た図。

これにて下ごしらえ完了!!
遂にスマホホルダーをマウントします。

2012.5.20 11
↑でーん!
水色のホースに被せるように取り付けました。対応ハンドルバー径内に収まったので不安定さはありません。
とりあえずスマホホルダーをマウントできたことに感動。ドヤ感がたまらん。笑

これでいつでも地図が確認できるよ!嬉しーね!

***

以下、マウントしてやーさんを運転した感想。
・信号待ちの時などにいちいちスマホをポケットから出したりしまったりする手間がないのが一番楽。地図を見たい時(もちろん停車中です)に見られるので時間のロス(路駐して確認する時間)がない。
・しかし走っているとホルダーが水色のホースから外れてしまったり、金具と曲板を留めているボルトが緩んでホルダーがガタガタ揺れたりすることが判明。
 →水色のホースはもう少し長いものに変更し、ボルトの緩みはすぐに締め直せるようにやーさんの後ろ(リアボックス)にスパナを常備することで解決。
あと、スマホホルダー本体の話。
・ケースの上(スクリーンタッチパネル)からタップは可能だけど、指の腹でタップしているにもかかわらず、パネルに傷が付いた。笑 指でタップした跡がパネルに残って画面がちょっと見にくくなりました。
・しかしパネルがしっかりしていることもあり、多少の雨でも中野スマホは濡れない。これはとても助かる!
・ダブルロック開閉システムがしっかりしているので振動でホルダーが開閉してスマホが落ちると言うことはない。
・取り付けアタッチメントとホルダーを分離して持ち運べる、とあるけれど、分厚過ぎて持ち運べないからやーさんを離れるときはホルダーからスマホを取り出す。

つうわけでマウントしてからとっても快適なやーさんライフを送っています!!
次は夏に向けてドリンクホルダーを付けるよ!
スポンサーサイト

Comments: 2

アラタ URL 2012-05-22 Tue 23:39:15

ホースwww
以前他の工作www

コホンッ!
いやいや、たろうさんの工作はいつも手が込んでて感心します

ひとつ心配なのは、スマホがバイクの振動でヤられないかという点
精密機器ですからねぇ
長時間エンジンの微細振動に曝されると寿命が縮まりそうな気がする
まあ、この前のような長旅はそうそう無いでしょうけど…
どうなんでしょう?
ゴムホースが吸収してくれるのかしら?

たろう URL 2012-05-24 Thu 15:11:30

>アラタさん
シーッ!笑

振動でやられちゃう…全然気にしてなかったっす。
ホルダーは元々チャリ用ですが…バイクとなると振動は比じゃないですよね。
ホルダーの中にも一応衝撃を吸収するゴムクッションは入っているんですけど…。
なんか心配になってきた;;笑
ホースが活躍してくれると信じています。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ftmtarou.blog14.fc2.com/tb.php/443-2f047185
Listed below are links to weblogs that reference
CUBにスマホホルダーをマウント from ftmたろう せんせー道邁進中(タイトル仮)

Home > 一人旅 > CUBにスマホホルダーをマウント

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。