Home > スポンサー広告 > くたびれる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

URL 2017-08-09 Wed 21:08:23

お久しぶりです。
僕もこの春に初めての異動がありました。異動って何かと疲れますよね。僕も4月ごろはあまり体調が良くありませんでした。
僕も夏に教材を作ったりしていますが、これを使って何がしたいのか、どこをゴールにするのかしっかり決めることは大切ですよね。大事なことですが見失いがち…僕自身も何がしたいのか、もう一度見直したいと思います。
夏休みももう折り返し。たくさん充電してまた9月からお互い頑張っていきましょう!!

たろう URL 2017-08-17 Thu 21:59:45

>新さん
ご無沙汰しています。お返事遅くなりすみません!!コメントなんか久しぶりで全然チェックしてませんでした←
今も読んでいただいていること、嬉しいです。

異動ってしんどいんですねー。今でもカルチャーショックにぶち当たることがあります。笑
新学期まであと僅か…バッチリ充電して(教材も作って)子どもたちを迎えられるようにお互い頑張りましょう!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ftmtarou.blog14.fc2.com/tb.php/498-4440fdfb
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ftmたろう せんせー道邁進中(タイトル仮)

Home > スポンサー広告 > くたびれる

Home > 日記 > くたびれる

くたびれる

  • Posted by: たろう
  • 2017-08-07 Mon 23:38:14
  • 日記
毎度ご無沙汰のたろうちゃんです。誰よ、月イチ更新で生存報告しますなんて言ってたのは!←

初めての異動と何回目かの引越しを経験しまして、4月から新しい土地、新しい職場です。元気です、と報告したいところですが、そうでもありません。
初めての異動により、体がストレスを感じたのか(メンタルは全然平気だった)、突然の下痢に苦しみウイダーとポカリのみの生活を強いられたり、格段に膝をつく回数が増えて膝中に発疹が出たり、ぎっくり腰やったり…と、まぁ色々です。色々とぼやかすのはエピソードがあまりに個人的だからです。そこはご勘弁を。
まぁただの異動なだけで相変わらずせんせーをやっているわけですが、今の職場に来てから、せんせーという職業はなんなのか、正規採用という名のぬるま湯は改善されなくていいのか、専門性とはなんなのか…と考えることが多くなりました。
同時に、自分が現在せんせーとしてどこら辺にいて(もちろん基準となる尺度はないのですが)、何が強み/弱みで、何がわかっていなくて、何を勉強すれば子どもに還元されるのか…と自問自答を繰り返したりしてね。
そんな感じでぼんやりしている間に一学期が終わりまして、今は夏休みです。念のために申し上げておきますが、子どもの夏休み=せんせーの夏休みではないです。せんせーは子どもの夏休み中も働いていますよ。念のため。あ、もちろんお休みはいただけますが。

話を戻します。

そんなこんなで色んな事を深酒で溶けかけている小指の第一関節程度の脳みそフル回転で考えていたのです。でももちろん答えはでなくて、でも誰かを責めるのは間違いで(いや本当は首根っこ掴んで「お前教育舐めとんのか!?」と言いたい奴はいるけど)、かと言って自分一人でできることも限られていて…という感じです。答えのない問いを悶々と考えています。
やりたいことはあります。教材を作るのは好きだし楽しい。作る前のアセスメントを取るのが面白かったり、作っている間は子どもに渡したらどんな反応するかなぁ~、時間をかけた教材ほどウケが悪いんだよなぁ~なんて考えたりして、とても楽しいです。実際に反応が返ってくるのも楽しいです。それが良くても悪くても。
だけど、それだけじゃだめだよなぁ。ただ教材を提示して遊んでるだけで、「結果、力がつきました」的なのじゃなぁ。それは教育ではないと思うのです。

まぁなんか真面目に語ってる風ですが、多分本当に本気でやってるせんせーからしたら、しのごの言わずに動け、ってことなんだと思います。たろうちゃんはまだまだ甘いんだと思います。せんせーとして。

*****

最近はGID関連について、てんで無頓着、無関心になり、手術の時の記憶なんかこのブログを読み返して思い出したりして、なんかもうすっかり昔のことです。それだけ今の僕にとってはどうでもいいことだということですかね…?
そして、自分がいつ当事者だとばれるんじゃないかという不安もどうでもよくなりました。バレたらバレたでもいっか、的な。まぁよくないんだけど。今の状態から知られたら「元女性」というふうに見られるだろうから。絶対に。それはとても嫌なんだけど。今はそれ以上に「くそったれな若手のせんせー」と思われる方が侮辱的です。そう思われたらとても悔しいと思う自分がいます。
…とか言いながら、twitterで流れてくるLGBT検定なんてものに疑問を持ったり、当事者が講演会(?)で詐欺(高額請求?すみません、きちんと把握していませんが)をしていたりするのを見て、はぁ…とため息をつきます。
ブロブで話したか話していないか覚えていませんので書きますが、僕が母にGIDであるとカミングアウトした高校2年生の秋、「それ(GID)だけで生きていくんじゃないんだから、(治療の)先にどうしたいか考えてないとダメだよ。戸籍を変えた後の人生の方が長いんだから。」と言うようなことを言われました(詳細な文言は忘れてしまいましたが、趣旨はこの通りです)。
当時は「てやんでぇ!そんな教科書に載っているような小言なんか聞きたくねぇや!俺は戸籍を変えるんでぇ!」と意気込んでいましたが、実際には母の言う通りでした。戸籍を変えた後の人生の方が長い。

これは個人的な意見ですが、GID当事者であることを前面に押し出して生計を立てているような方は、一体いつまでそれを続けるのだろう…と思うのです。それで一生食っていこうと思っているのか、と。それで何ができるのか、と。
決して否定するつもりはありません。ただただ、疑問に思うのです。

それは実は特別支援教育にも共通するところがあります。それは「手段が目的になる」と表現されることが多いです。
例えば、手足の可動範囲や発語に制限がある児童生徒が電子機器のスイッチを押すことで、ボイスレコーダーを再生させて「おはようございます」「さようなら」と挨拶をしたり、作業学習の休憩時間にクラスメートにお茶を注いだりする場面があります。その時、電子機器のスイッチを押すことそのもを課題にすると、スイッチを押すことが「目的」になってしまい、その先に生まれる他者とのやりとりがおいてけぼりになってしまう。スイッチを押すことが「目的」になってはいけないのです。スイッチを押すことは「手段」であって、目指すものは、スイッチを押すことによって、注いだお茶をクラスメートが飲んで水分補給ができたり「○○さんありがとう」と声をかけてもらうことだったり、「○○さんおはよう」「またあしたね」と挨拶を介して学校内の人とコミュニケーションが生まれることなのです。
これをGID当事者の、GIDを前面に押し出した活動に置き換えます。
GID当事者が講演をすることが「目的」になっていれば、そこから得られるものは「GID当事者への理解」にとどまらないでしょうか。それも、講演するその方の実体験だけ。一例だけが多くの前例と思われてしまわないでしょうか。
もし、GID当事者が講演をすることが「手段」になっていれば、それが「マイノリティ理解促進」や「当事者目線で物事を考える視点の提供」につながらないでしょうか。講演者の語る体験が一例として挙げられ、それが多くのマイノリティや生きづらさを抱える人への汎用性のあるものにならないでしょうか。

僕は一時期、GID当事者であるという事実に自惚れて、「GID当事者先生として生きよう」と思った時期がありました。自分は“生きた教材”になる、と。本当にそう思っていました。
でも、そう思うのをやめました。理由は三点あります。
一点目は「自分が当事者であることを知られたくない」ということです。自分を守るためにその考えを捨てました。うん百万円も使って戸籍を変えたのです。それで出生性を晒す必要感は、僕にはなかった。
二点目は「そんなこと(当事者であること)が売りになるのか?」という疑問です。売りにならないと思い、戸籍訂正を終えてから当事者活動の一切をやめました。
三点目は(二点目に通じるところがありますが)、「それによって自分へのメリット、デメリットがどれだけあるか」と考えたときに、デメリットが圧倒的に多いと判断したことです。判断の元は、母親の言葉です。
「戸籍を変えた後の人生の方が長いんだから」

職場にはカミングアウトしていません。必要だとも思わない。もしかしたら大学の先輩・後輩関係で知っている人もいるかもしれない。だけど、それはそれでいいし(言いふらされたら死にたくなるほど嫌だけど)、それよりもせんせーとして成功したいと思う(何を成功とするかは人それぞれでしょう)。たろうせんせーとして成功したい。きちんとせんせーをしたい。

*****

まぁそんな感じで思考をこねくり回した結果、残ったのは焼いても膨らまないパン生地です。なんの役にも立たない固形物。
でも、淋しいとか残念とかとは思わない。

僕は母の言うとおり「戸籍を変えたあとの人生の方が長いんだから」の長い方に足を突っ込んでいるのかもしれません。
だからせんせーとしてどうあるべきか悩んでるのかもしれない。それが当事者活動に重きを置いていたら?それはわかりませんが、当然せんせーという立場は自ら捨てているでしょう。
GIDでは食べていけない、なぜならGID以外のことに当てる人生の方が長いから。

残りの夏休みを充実したものになるように過ごします。たろうせんせー、2学期にパワーアップして出られるように頑張る!
スポンサーサイト

Comments: 2

URL 2017-08-09 Wed 21:08:23

お久しぶりです。
僕もこの春に初めての異動がありました。異動って何かと疲れますよね。僕も4月ごろはあまり体調が良くありませんでした。
僕も夏に教材を作ったりしていますが、これを使って何がしたいのか、どこをゴールにするのかしっかり決めることは大切ですよね。大事なことですが見失いがち…僕自身も何がしたいのか、もう一度見直したいと思います。
夏休みももう折り返し。たくさん充電してまた9月からお互い頑張っていきましょう!!

たろう URL 2017-08-17 Thu 21:59:45

>新さん
ご無沙汰しています。お返事遅くなりすみません!!コメントなんか久しぶりで全然チェックしてませんでした←
今も読んでいただいていること、嬉しいです。

異動ってしんどいんですねー。今でもカルチャーショックにぶち当たることがあります。笑
新学期まであと僅か…バッチリ充電して(教材も作って)子どもたちを迎えられるようにお互い頑張りましょう!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ftmtarou.blog14.fc2.com/tb.php/498-4440fdfb
Listed below are links to weblogs that reference
くたびれる from ftmたろう せんせー道邁進中(タイトル仮)

Home > 日記 > くたびれる

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。